拠点病院の主な
役割としては
 
 ■ Vol.1
 ■ Vol.2
今回、厚生労働省・沖縄県の事業の一環として沖縄県内の各診療専門病院と連携し肝疾患診療ネットワークを構築する運びとなりました。その中で肝疾患診療連携拠点病院として琉球大学附属病院が位置づけられています。
拠点病院の主な役割としては

@

肝疾患診療に関して一般的な情報提供だけでなく、沖縄県内での肝疾患に関する状況の把握、その提供を行うこと。
A 患者さんに適切でより良い医療を受けて頂くために、各専門病院・一般病院・診療所との連携の要になることです。
そこで、急性肝炎や慢性肝疾患など各種肝疾患に関する情報・その疾患に関する治療法に関しての相談だけでなく各専門病院に関する情報提供を行います。

肝疾患診療に関する情報の希望・ご相談などございましたら、以下の方法にて御連絡いただけるようお願い致します。

また医療従事者向けの講習会も予定しております。
随時“講演会・研修会情報”にて日程を掲示しますので、是非ご参加ください。
お問い合わせはE-メールにて受け付けております。